読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猪瀬で大須賀

多くの方が利用されている歯科矯正。
それは、矯正器具を装着して歯に力をかけ、あるべき形に歯並びを矯正していくという、時間のかかる治療です。むろん、歯に負担がかかるほどの負荷というわけではないですが、瞬間的に生じる痛みや、持続的な痛みに悩まされる方も多いです。普通は少しずつ楽になっていくものですが、いつまで経っても痛い場合は、なるべく早くに歯科で相談してください。


矯正中は、歯に装着する矯正器具やマウスピースの影響で、噛みづらいと感じて結果的に体重が落ちてしまう方もいるようです。
また、矯正終了後には元に戻るどころか体重が増加した、なんてこともあるようです。
歯列矯正中にあまり食べることが出来ないため、終了後はその解放感で歯止めが効かず食べてしまうようです。


長期間の矯正治療の結果、整った歯並びになったとしても、スタイルが悪くなっては容姿の面から言うと、ちょっともったいないと思います。

電動歯ブラシも年々進化しており、最近では歯磨きをしながらホワイトニングできるという機能が付いたものがあります。

歯のステインを除去するという謳い文句ですが、使い過ぎは歯を痛めるかもしれませんから、禁物といえます。しかも、歯の隅々までが真っ白になるという程ではないので、あまり期待しすぎるのも禁物ですね。また、ホワイトニングと併せて歯列矯正を受けるというときにも、矯正器具のために磨き残しが起こりやすいので、気を付けましょう。ホワイトニングにも複数の種類があります。



通院して受けるオフィスホワイトニングの他、ホームホワイトニングといって、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、薬液の効果が薄かったり、マウスピースを付ける時間が長く取れなかったりすると、なかなか歯が白くならないまま終わる可能性もあるということに注意してください。ところで、歯科で歯列の矯正を受けている最中の人は、並行してホワイトニングを行うことは無理だと思われていることも多いようですが、歯の状況などによっては、方法を工夫すれば同時にホワイトニングを進めるのも不可能ではないのです。
歯列矯正はいきなり行えるものではありません。前もって不要な歯を抜歯しなければならない場合もあります。歯の並びがあまりに悪いケースでは、正しく整えようと思っても、他の歯に干渉して思うように動かせない可能性もあります。



邪魔な歯があるまま、歯を抜かずに矯正を進めようとしても、歯に押されて歯列全体が拡大してしまい、口元美人どころか、顎が広くなってしまうこともあるのです。歯列の矯正をするなら大人より子供の方が向いていますが、とはいえ、矯正は子供の内に済ませておくのがセオリーだから、といった理由で考え無しに歯科矯正を始めてしまうケースは、あまり良いこととは言えません。

中には、歯医者さんから勧められて決断してしまう方もいますが、こと子供に関して言えば、歯科矯正をしなくても綺麗な歯並びになる場合もあるのです。本当に必要かそうでないかは素人には判断し辛いですから、矯正が必要な理由をまずは聞いてみることで不安を払拭するといいでしょう。


人から歯の色を指摘されたことがトラウマになって、歯磨きに依存してしまっています。



常に歯磨きセットを携帯し、毎食後に5分くらい歯磨きをしています。
年月を経るごとに歯磨きの時間が長くなっていき、外食の際など特に不便を感じてしまうのです。ですが最近、外出先ではマウスウォッシュを歯磨きのかわりに使うようになり、便利になりました。
誰もがホワイトニングを行い、歯の白さを保つべきだと思います。自分だけでなく、周りのためにも歯の印象は大事だからです。


http://a409b6aa2gv4iryncqec.hatenablog.com/
また、口元をキレイにするには、歯並びを直す歯列矯正を受けてみるのもいいでしょう。
歯科矯正を受けている最中に気を付けておくべきことは、食事後の口内ケア、また運動時の動きです。
矯正中は、器具の間に食べ物が挟まることが避けられないので、食後の歯磨きなどのケア無くしては歯を清潔に保てません。さらに、運動時など力を入れる際には、奥歯をぐっと噛み締めることが多く、それで器具が干渉して口の中が傷付いたり、せっかく動かしている歯に別方向からの力が加わる悪影響もあります。
あらかじめ担当医に聞いておくべきでしょう。